フラット35の裏話とは?

フラット35に限った話ではないのですが、住宅ローンを利用する場合、単純に物件を購入した金額のみを支払うわけではありません。
金利もかかってきますし、それ以外にもさまざまな費用が必要になるのです。
主なものとして保証料や団体信用生命保険料(団信特約料)などがあげられます。
しかしフラット35などの住宅ローンを使う際に、このなかの団信特約料については、節約することが可能なのをご存じでしょうか。
方法はとても単純かつ簡単なことで、団信を利用する代わりに逓減型の保険を利用するのです。
それによって保証内容はほぼ同じであるにもかかわらず、なんと支払総額では40万円以上もの差が出てくるのです。
ただし利用する人の年齢や健康状態などによって、条件が変わってきますのであらかじめ確認しておくようにしてください。